不動産屋さんに行かなくても相談できる「スマホの不動産屋さん」登場!24時間以内に価格がわかる

妻に借金があると家のローンに通らないのか?

2で読める
妻に借金があると家のローンに通らないのか?

この度、家を購入することになり住宅ローンの審査に出すことになったのですが、旦那に内緒にしている借金があります。
この場合、私のせいで審査に落ちてしまいますか?また、妻に借金があることを旦那にばれるのでしょうか?

こちらはスマホの不動産屋さんをご利用いただいたお客様の実際のご相談内容になります。

家を買うときには、多くの方が「住宅ローン」を利用します。しかし、妻がすでにクレジットカードなどで多額の借金をしていたら、夫はローンを組めないのでしょうか。

実際はそのようなことはなく、配偶者に借金があっても基本的に住宅ローンを利用できます。しかし、妻が連帯保証人になる場合やペアローンを検討中の方は注意点が必要です。

こちらでは、妻に借金がある場合の住宅ローン審査について、説明します。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

住宅ローン審査の仕組み

住まいのアドバイザー
そもそも住宅ローンではどのような審査が行われるのでしょうか

住宅ローンは誰でも利用できるわけではありません。金融機関も数千万円という高額なお金を貸し付けるわけですから、信用できる人にしか貸しません。そこで、住宅ローンを申し込むと「審査」を受けることになります。

審査では、次のようなことを調査されます。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 勤務先
  • 家族構成
  • 今の住宅形態
  • 現在の年齢
  • 住宅ローン完済時の年齢(予定)
  • 住宅の担保価値
  • 頭金の割合
  • 既にある借金の金額、借入先

年収は高い方がよく、勤務先は倒産のリスクが低い上場企業や公務員が優遇されます。年齢は若い方が有利で、住宅の担保価値(購入する物件の価値)は高い方が良いです。頭金はたくさん入れた方が、金利などが有利になります。

そして問題になるのが「既にある借金の金額や借入先」です。住宅ローン利用前に、既に他社で借金をしていると、そちらへも返済しないといけないので、金融機関への返済が滞る可能性が高まります。しかも借入先がサラ金やカードなどの場合、利息も高くなるのでさらに返済が難しくなりがちです。

そこで、住宅ローンを申し込んだ人がサラ金やクレジットカード会社で借入をしていると、住宅ローン審査に落ちる可能性が非常に高くなります

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域でおすすめの不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

妻の借金について

それでは申込者本人ではなく、妻がカードなどで借入をしている場合にはどのような影響が及ぶのでしょうか。

銀行など金融機関が、住宅ローン審査で申込人の借入状況を調査するときは「個人信用情報」を参照します。個人信用情報とは個人の借金に関する記録で、どこの会社からいくらの借入をしているのか、利率はどのくらいかなどの詳細な情報が登録されています。

金融機関はそれぞれ「信用情報機関」に加盟しており、融資の審査を受けたら申込した人の個人信用情報を照会して閲覧できる権限を持っています。

そこで、住宅ローンの申込みを受けると、申込人本人の個人信用情報を参照して、すでにサラ金やカードなどの利用をしていたら審査で落とします。

ただし、これは申込者本人の信用情報についての対応です。金融機関は、基本的に申込者本人ではない人の信用情報まで調べることはありません。たとえ同居の親族であっても調べられることはないと考えて大丈夫です。

そこで、妻が多額のサラ金やクレジットカードローンを抱えていても、夫本人に問題が無ければ住宅ローン審査に通りますし、家を買うことが可能です。

なお、妻だけではなく同居の親や子どもなどでも同様のため、親や子どもに大きな借金があっても気にせず住宅ローン審査に申し込んで大丈夫です。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

ローン審査に落ちる可能性について

ただし、妻の借金とは無関係な理由で住宅ローン審査に落ちる可能性はあります。

たとえば、年収が足りない、年齢が高すぎる、勤務先の信用がない、勤続年数が足りないなどの理由によって、住宅ローン審査に落とされることがあります。

問題があると判断されたら、たとえ妻に借金がなくても住宅ローンを利用できません。また、借り入れようとしている本人(夫)に過去に債務整理歴がある場合などでも、住宅ローン審査に落とされます

住宅ローンの審査を通過するためには、妻の借金問題以外の部分をきちんと整理して審査に臨む必要があります。

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域でおすすめの不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

妻が保証人になるケースやペアローンのケース

ご主人様
妻が借金していたら、やっぱり保証人にはなってもらえないの…?

妻が「保証人」になる場合にも注意が必要です。

住宅ローンを組みたいとき、多額の資金が必要となって夫の収入だけでは足りないケースがあります。住宅ローンを借りられる金額は申込人の年収に応じて決まるので(およそ年収の7倍といわれます)、年収が低い人の場合、住宅ローンを利用して多額のお金を借りることができません。

この場合、妻が働いていれば、妻が「保証人」になることで妻の収入も合算し、夫単独より高額な住宅ローンを借りることができます。

しかし、妻にサラ金やカードなどの借金があると、妻が保証人になるのは難しくなります。保証人にも、借入人本人と同様に審査があるからです。

離婚時に住宅ローンがあるかないか

妻に多額のサラ金やカードの借金がある場合、金融機関が個人信用情報を見たときに保証人としての価値がないと判断して、審査に落とされてしまいます。

そうすると、夫の単独の住宅ローンにして借入可能金額を少なくするか、別の保証人を用意するなどの対応をするしかありません。

このことは、夫と妻がそれぞれ住宅ローンを借りるペアローンでも同じです。妻に借金があると、夫は住宅ローン審査に通っても妻は落ちるので、ペアローンの利用はできず夫単独のローンとなります。

スマホ一つで、もっと気軽に家を売る相談をしましょう

40代女性(東京都・戸建)
自宅売却にあたりイクラ不動産を目にし、東京と大阪で離れているし最初はスマホで相談なんて大丈夫かな…と思いましたが、 よくある不動産屋さんの査定よりよほど丁寧で親切で、的確なお話をして頂きました。
何より、消費者の立場に立った目線でお話頂けたので、その後の不動産会社選びに大いに参考になりました。
30代男性(大阪府・マンション)
無料にもかかわらず非常に有益な情報を提供して頂きました!
おかげさまで非常に高額な金額でスムーズに自宅を売却することができました。
ありがとうございました!
60代女性(兵庫県・戸建)

一人暮らしの母が高齢になり、家を売却することになり、どうしたらいいのかわからなくて、困ってました!
息子の紹介でスマホの不動産屋さんを知る事ができて、とてもよかったです!

はじめは、スマホ?LINE?とちょっと不安でしたが、売却する家に適した不動産屋をご紹介していただきまして、感謝しております!

はじめは、自動的にお返事が入るのかなぁ?と思っていましたが、そうではなく、丁寧にお返事をしていただいて、とても助かりました!

無事に家も売却の契約ができる事になりました!ありがとうございました!
また、知人に家を売却するかたがいたら、ぜひご紹介したいです!

30代女性(鹿児島県・戸建)
非常にイレギュラーな不動産売却だった為、 仮定の話では誰にもどこにも相談できず、ラインでのやり取りだったらと思い相談してみました。
結果、丁寧に査定価格を出してくださり、そのお陰で売却の手続きに思いきって踏み込むことが出来ました。
そして、短期間高額にて売却できました。
50代女性(宮城県・戸建)
初めはスマホやLINEで大丈夫なのかなとも思ったのですが申し分ありませんでした。
迅速で丁寧なご対応をいただきLINEであっても実に分かりやすくご教示くださいました。
LINEも自動応答などではなく最初から体温の感じられる対応をしていただけます。
なによりもしつこさや強引さがひとつもありません。

利用者、続々! 嬉しい口コミも多数いただいております

一生に一度あるかの家の売却…
相談したいけど、まだ売るか決まっていないのにいきなり不動産屋さんへ相談へ行くのはハードルが高いものです。
匿名でも大丈夫。

来店不要LINEでご相談
お家の相談をはじめる