不動産屋さんに行かなくても相談できる「スマホの不動産屋さん」登場!24時間以内に価格がわかる

飛び降り自殺があったマンションは売却するとき事故物件になるの?

2で読める
飛び降り自殺があったマンションは売却するとき事故物件になるの?

家の売却中なのですが、飛び降り自殺があったマンションは嫌だと先日内覧をキャンセルされました。
飛び降り自殺があったのは1年前のことなのですが…
自分とは関係なくてもやはりマンションの敷地内で飛び降り自殺があると売りにくいのでしょうか?

ご相談ありがとうございます🙇
売りにくさがあるのは避けられないと思います💦
解決策としては…

こちらは、スマホの不動産屋さんをご利用いただいたお客様の実際のご相談内容になります。

飛び降り自殺があったマンションは、売却時の価格や「売りやすさ」に影響が出る場合があります。

こちらでは、飛び降り自殺があったマンションが「事故物件」になるのか、またなかなか売れないときの対処方法についてわかりやすく説明します。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

飛び降り自殺が事故物件になるかはケースにより異なる

まずは、飛び降り自殺があったマンションが「事故物件」にあたるかどうか確認しましょう。

事故物件の判断基準は「心理的瑕疵」があるかどうか

事故物件とは、自殺や他殺など、その家で人の死に関わる事件や事故が起きた物件のことで、事故物件に該当するかどうかの明確な基準はありません。

ただし、自宅の敷地内で人の「死」に関わる事件・事故が起きた場合には、必ず事故物件と判断されます

事故物件の判断基準は、「心理的瑕疵(しんりてきかし)」の存在です。

ご主人様
人が亡くなった家になんて住みたくない

このような心理が家の「欠陥」となって、事故物件になってしまうのです。

マンションの全住戸が事故物件になるわけではない

マンションの建物は、お部屋の専有部分と廊下や階段などの共用部分から構成されます。共用部分などの自殺は「自宅内の事件・事故」と判断されず、事故物件には該当しないと考えられます。

ただし、次のような状況の場合は、心理的瑕疵の大きさから、事故物件に該当してしまう可能性があります。

  • 上下左右の部屋から飛び降り自殺があった
  • 落下地点が自宅の庭
  • 連日報道されるような自殺(事故物件というより風評被害がでる)

このような状況においても自宅内が汚れていたりすることはないので、他殺(殺人)室内での自殺があった事故物件と比較すれば、好条件で売れる可能性は高いでしょう。

事故から間もないときは価格に影響する場合も

事故物件には該当しないとしても、やはり自殺からの経過時間が短ければ短いほど「売りにくさ」があるのは避けられないでしょう。

マンションからの飛び降り自殺は、事件性があったり、子どもであったりしなければ、とくに報道されません。しかし、インターネットなどで情報はすぐさま近隣住人に知れ渡り、マンションを購入する人の目に触れることにもなります。

「3年前の自殺」より「1ヶ月前の自殺」の方がやはり購入意欲は下がりますから、一定期間中は事故物件と同じように扱われ、売却価格に影響することは避けられないといえます。

告知はしておくべき

事故物件の売却では、買主にその要因となった心理的瑕疵を告知する義務があります

飛び降り自殺があったマンションは全ての住戸が必ずしも事故物件に該当するわけではありませんが、心理的瑕疵の線引きは曖昧です。

ご主人様
事前に知っていたら買わなかったのに!

と購入後に判断されてしまえば、トラブルに発展する可能性もあります。

そのため、売却時に知り得ている事実は不動産会社に必ず伝えるようにしましょう。実際に買主に告知したり、売却価格に反映したりする判断は、不動産会社に任せた方が無難です。

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域でおすすめの不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

家族や自宅からの飛び降りは事故物件に該当

ご主人様
見ず知らずの人が屋上から飛び降り自殺した
奥様
飛び降り自殺があったのは他の階のベランダなの…

このような場合、自分の家が事故物件に該当するケースは少ないです。

しかし、以下のケースでは確実に事故物件となり、売却時には告知義務があります。

  • 一緒に住む家族の1人がマンション内で自殺
  • 自宅のベランダから飛び降り自殺

死亡した場所が自宅内ではないとしても、上記の場合は「自殺があった家」と判断されてしまいます。

事故物件の売却方法については「事故物件はどうすべき?相場や損しない方法で説明していますので、ぜひ読んでみてください。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

飛び降り自殺があったマンションが売却できないときの対策

飛び降り自殺の影響でなかなかマンションが売れない場合には、次の2つのことを考えてみましょう。

①時間をおく

自身と関係のない飛び降り自殺は、マンションの売却に大きな影響を与えないと考えられます。

ただし、売却が自殺から間もないときは、長期間にわたって売れず、結果として相場から1~2割価格を下げる必要も出てくるかもしれません。

自殺の状況にもよりますが、マンションを好条件で売るためには、最低でも自殺から半年ほどは期間を空けた方がいいと考えられます。

②買取業者を検討する

奥様
すぐ売りたいのに
ご主人様
事故物件に該当してしまう…

このような場合は、「買取」を検討しましょう。

買取とは、一般消費者ではなく不動産会社が直接買主となって物件を購入してくれます。

一般消費者には少し気が引けてしまう物件でも、買取専門の業者なら高確率でマンションを買い取ってもらえます。

ただし、買取価格は、一般的な売却相場の7割前後になってしまうのが一般的です。マンションでの飛び降り自殺の影響も考えれば、さらに価格が落ちてしまう可能性もあります。

自宅の敷地内などで自殺がなければ、基本的に事故物件には該当しないとされていますが、重要なのはあなたがどう感じるかではなく、相手(購入希望者)がどのように感じるのか、ということです。トラブルを未然に防ぐためにも売却を依頼する不動産会社には事実を伝えるようにしましょう。

どうしたらよいのか相談したいという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

スマホ一つで、もっと気軽に家を売る相談をしましょう

40代女性(東京都・戸建)
自宅売却にあたりイクラ不動産を目にし、東京と大阪で離れているし最初はスマホで相談なんて大丈夫かな…と思いましたが、 よくある不動産屋さんの査定よりよほど丁寧で親切で、的確なお話をして頂きました。
何より、消費者の立場に立った目線でお話頂けたので、その後の不動産会社選びに大いに参考になりました。
30代男性(大阪府・マンション)
無料にもかかわらず非常に有益な情報を提供して頂きました!
おかげさまで非常に高額な金額でスムーズに自宅を売却することができました。
ありがとうございました!
60代女性(兵庫県・戸建)

一人暮らしの母が高齢になり、家を売却することになり、どうしたらいいのかわからなくて、困ってました!
息子の紹介でスマホの不動産屋さんを知る事ができて、とてもよかったです!

はじめは、スマホ?LINE?とちょっと不安でしたが、売却する家に適した不動産屋をご紹介していただきまして、感謝しております!

はじめは、自動的にお返事が入るのかなぁ?と思っていましたが、そうではなく、丁寧にお返事をしていただいて、とても助かりました!

無事に家も売却の契約ができる事になりました!ありがとうございました!
また、知人に家を売却するかたがいたら、ぜひご紹介したいです!

30代女性(鹿児島県・戸建)
非常にイレギュラーな不動産売却だった為、 仮定の話では誰にもどこにも相談できず、ラインでのやり取りだったらと思い相談してみました。
結果、丁寧に査定価格を出してくださり、そのお陰で売却の手続きに思いきって踏み込むことが出来ました。
そして、短期間高額にて売却できました。
50代女性(宮城県・戸建)
初めはスマホやLINEで大丈夫なのかなとも思ったのですが申し分ありませんでした。
迅速で丁寧なご対応をいただきLINEであっても実に分かりやすくご教示くださいました。
LINEも自動応答などではなく最初から体温の感じられる対応をしていただけます。
なによりもしつこさや強引さがひとつもありません。

利用者、続々! 嬉しい口コミも多数いただいております

一生に一度あるかの家の売却…
相談したいけど、まだ売るか決まっていないのにいきなり不動産屋さんへ相談へ行くのはハードルが高いものです。
匿名でも大丈夫。

来店不要LINEでご相談
お家の相談をはじめる