離婚の際、家はどうする?おすすめの解決方法についてまとめた

2で読める
離婚の際、家はどうする?おすすめの解決方法についてまとめた
ご主人様
離婚するけれど、住宅ローンを返済中の家がある。どうするのが良いのか?
奥様
家の処分方法について夫と意見が合わない場合、どうしたら解決できる?

離婚するときに夫婦にマイホームがあると、処分方法を巡って問題が発生しやすくなります。

こちらでは離婚の際に家をどうするのが良いのか、解決方法について説明します。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

1.家の処分方法は、大きく分けて所有か売却

ご主人様
家をどうしたら良いかわからないので、お勧めの方法を知りたい

離婚でマイホームの処分方法がネックになったとき、家を処分する方法には大きく分けて2つあります。

①所有

そのまま夫婦のどちらかや双方の共有で、家を所有し続ける方法です。この場合、どちらがどのように家を取得するかを話し合って決めなければなりません。

また、住宅ローンがある場合に名義変更をするには金融機関の承諾が必要となります。

②売却

もう1つは、家を売ってしまう方法です。

売却すれば、家をどちらがもらうかという話をしなくて済みますし、住宅ローンが残っている場合、売却代金から返済することができます。

家の売却価格より残っている住宅ローンの額の方が多い、オーバーローンの場合であっても「任意売却(にんいばいきゃく)」という方法で家を売却することができます。

オーバーローン

任意売却後に残ったローンは基本的にローン名義人が離婚後も支払う必要があります。

離婚時に住宅ローンがかなり残っている場合に利用される任意売却とは?

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域でおすすめの不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

2.所有する場合、居住か賃貸の2通りがある

離婚後も家を売らずに継続して所有する場合、家の利用方法はさらに2つのパターンがあります。

①居住する

夫婦のどちらかが家に住み続けるケースです。子どもがいる場合などには、子どもの生活環境を変えたくないという理由から親権者が子どもと一緒に元の家に住み続けることもあります。

その場合、相手配偶者は家を出て別の家を探す必要があります。

②賃貸に出す

夫婦のどちらも家に住まず賃貸に出す方法です。賃貸収入は家の所有者が取得します。離婚後も家を元夫婦の共有のままにして、得られた収益を分配することも可能です。

次に、ケースごとにおすすめの方法を解説します。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

3.居住をおすすめするケース

夫婦どちらか継続して居住をおすすめするのは次のような場合です。

①子どもがいて今の居住環境を変えたくない

小学校や中学校などの子どもがいて、できればいまの住環境を変えたくない方もおられるでしょう。転校すれば子どもが新しい学校になじめないかもしれません。そのような場合、今の家を処分せずに子どもと一緒に住み続けることをおすすめします。

②不動産の相場が下がっている

不動産の価格相場が下がっている場合、家を売り急ぐと安くしか売れません。景気が悪く、全体的に不動産市場の相場が下がっているなら、家を売らずにしばらく居住を続けて様子を見るのも1つです。

③今の家を気に入っている

今の家が、通勤に非常に便利で、環境も良いなどの理由で気に入っており、どうしても引っ越ししたくない方もおられます。そのようなケースでは売却せずに継続して居住することをおすすめします。

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域でおすすめの不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

4.賃貸をおすすめするケース

次のような場合、賃貸を検討してみてください。

①将来家が値上がりする可能性がある

今は家の価格が下がっているけれど、将来値上がりする可能性が高い場合があります。売却時期を待ちたいけれど、夫婦のどちらも家に住みたくないなら、不動産の価格が戻ってくるまで家を第三者に賃貸すると解決できます。うまくいけば、売却までの間の賃料によって大きな収益を上げることも可能です。

ただし、いったん賃貸に出したことによって家の評価方法が変わってしまい、評価額が下がる可能性もあるので注意が必要です。

収益還元法とは?投資用不動産(収益物件)の査定方法についてまとめた

また、売りたいときに賃借人に出ていってもらうためには「定期賃貸借契約(ていきちんたいしゃくけいやく)」などにしておく必要もあります。

定期賃貸借契約とは、契約期間が終了した時点で契約が終了し、確実に明け渡ししなければならない契約のことです。期間に定めのある契約になるので、なかなか借り手が見つかりにくかったり、賃料を少し安くしなければならなかったりするケースもあります。

②資産としての家を手放したくない

家は数千万円もする大きな資産ですから、できれば手放したくない方も多いでしょう。空き家にしておくのはもったいないので、その場合には貸し出すという選択肢もあります。

③利回りが高く収益が出る

賃貸に出すかどうか迷ったら、利回りの予想を立てましょう。収益が出そうであれば賃貸すると得になります。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

5.売却をおすすめするケース

次のようなケースでは、家の売却を検討してみてください。

①住宅ローンの負担が重い

現在住宅ローンの負担が重く、離婚後自分一人で抱えていくのが難しいなら売却して住宅ローンを返済すべきです。高額で売れたら完済も可能ですし、無理でも大きくローン負担を減らせます。

②夫婦のどちらも家に住みたくない

夫婦のどちらも家に住みたくないなら売却をおすすめします。

③話し合ったけれど折り合いがつかない

夫婦で家をどうするか話し合ったけれど折り合いがつかないなら、家を売却してスッキリ解決してしまうのがおすすめです。売却して住宅ローンを払い、残ったお金を2分の1ずつに分ければお互い公平でもめることもありません。

もし、離婚で家をどうしたらよいのかわからないという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

スマホ一つで、もっと気軽に家を売る相談をしましょう

利用者さん1利用者の声
無料にもかかわらず非常に有益な情報を提供して頂きました! おかげさまで非常に高額な金額でスムーズに自宅を売却することができました。
ありがとうございました!
利用者さん2利用者の声
初めはスマホやLINEで大丈夫なのかなとも思ったのですが申し分ありませんでした。
迅速で丁寧なご対応をいただきLINEであっても実に分かりやすくご教示くださいました。
LINEも自動応答などではなく最初から体温の感じられる対応をしていただけます。
なによりもしつこさや強引さがひとつもありません。
利用者さん3利用者の声
非常にイレギュラーな不動産売却だった為、 仮定の話では誰にもどこにも相談できず、ラインでのやり取りだったらと思い相談してみました。
結果、丁寧に査定価格を出してくださり、そのお陰で売却の手続きに思いきって踏み込むことが出来ました。
そして、短期間高額にて売却できました。
利用者さん4利用者の声
自宅売却にあたりイクラ不動産を目にし、東京と大阪で離れているし最初はスマホで相談なんて大丈夫かな…と思いましたが、 よくある不動産屋さんの査定よりよほど丁寧で親切で、的確なお話をして頂きました。
何より、消費者の立場に立った目線でお話頂けたので、その後の不動産会社選びに大いに参考になりました。

利用者、続々! 嬉しい口コミも多数いただいております

一生に一度あるかの家の売却…
相談したいけど、まだ売るか決まっていないのにいきなり不動産屋さんへ相談へ行くのはハードルが高いものです。
匿名でも大丈夫。

友だち追加で無料相談