不動産屋さんに行かなくても相談できる「スマホの不動産屋さん」登場!24時間以内に価格がわかる

買い替え・住み替えにはどれくらいの諸費用がかかるのかまとめた

4で読める
買い替え・住み替えにはどれくらいの諸費用がかかるのかまとめた

住み替えを検討していますが、何から始めればよいのかわからず、動けていない状態です。
ただ、まずは家の価格や住み替え費用を把握しておかないことには考えようがありませんので、ご相談させていただきました。

ご相談ありがとうございます✨
どのように進めていけばよいのかわかりませんよね😞💦では、まずはお家の価格を…

こちらは、スマホの不動産屋さんをご利用いただいたお客様の実際のご相談内容になります。

「家を買い替えたい」でも今の家はいくらぐらいで売ることができて、実際にどのくらい費用がかかるのかわらないことには、今後のプランを立てることができませんよね。

買い替え・住み替えにかかる諸費用は、基本的に現金で用意する必要があります。現金で用意できない場合は、諸費用ローンを借りて用意することも可能です。

こちらでは、家の買い替え・住み替えにはどれくらいの諸費用が必要なのかわかりやすく説明します。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

いま住んでいる家の売却にかかる諸費用

家の売却にかかる費用の目安は、売却金額の4%ほどといわれています。

①仲介手数料

仲介手数料は、どの不動産会社に依頼したとしても、「(売却金額×3%+6万円)+税」が上限と法律で決められています。

例えば、売買代金が3,000万円の場合は、

3,000万円×3%+6万円×1.1=105万6000円

ということになります。

ただし、売買価格が400万円以下の場合の仲介手数料は最大18万円となっています。

参考 400万円以下の不動産仲介手数料が上がるイクラちゃんねる

②印紙税

不動産の売買契約書には印紙を貼付します。

売買金額 印紙税
100万円を超え〜500万円以下のもの 1,000円
500万円を超え〜1,000万円以下のもの 5,000円
1,000万円を超え〜5,000万円以下のもの 10,000円
5,000万円を超え〜1億円以下のもの 30,000円
1億円を超え〜5億円以下のもの 60,000円

(国税庁のHPより転載)

ただし、売主は、売買契約書の原本が必要でなく、コピーでよければ印紙税はかかりません

参考 売主は売買契約書の印紙税を節税できる?イクラちゃんねる

③売却時に住宅ローンの残債がある場合にかかる費用

家の売却と同時に、今借りている住宅ローンを完済する場合は、次の2つの費用がかかります。

抵当権抹消費用(ていとうけんまっしょうひよう)

住宅ローンを完済したら、家にかかっている抵当権の抹消登記をしなければなりません。

抹消手続きは司法書士に依頼するのが一般的で、依頼費用を含めて2万円前後です。

抵当権の抹消登記とは

抵当権とは、金融機関が住宅ローンを貸すときに万が一返済が滞ったときの担保として不動産を確保しておくことです。

この抵当権を住宅ローンの残債(残高)が払い終わったため抹消する手続きをするということです。

ローン完済手数料

住宅ローンを一括で完済するときには、借り入れている金融機関に手数料(住宅ローンの繰り上げ返済手数料)を支払う必要があります。

繰り上げ返済手数料は、それぞれの金融機関や変動金利か固定金利でも異なり、窓口・電話・ネット、どの方法で手続きするかによっても、手数料が異なることが多いです。

5,000円〜数万円かかることもありますので、金融機関に確認が必要です。

まずは「スマホの不動産屋さん」であなたのお家が今いくらぐらいで売却できるのか、手取り金額は結局どのぐらいになるのか匿名&無料で調べてもらいましょう。

いくらで売れるのか

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域でおすすめの不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

中古住宅の購入にかかる諸費用

中古の住宅を購入するときにかかる諸費用の目安は、購入金額の5〜6%ほどといわれています。

①仲介手数料

売却時と同じく、「(購入金額×3%+6万円)+税」が仲介手数料の上限です。

②印紙税

こちらも売却時と同じく、売買代金に応じた収入印紙を売買契約書に貼付します。

③登記費用

不動産を購入したら、所有者を登記する費用がかかります。登録免許税と司法書士への依頼費用で、20万円前後かかるのが一般的です。

不動産の登記とはその不動産がどのようなものか、どこの誰が所有しているかを記録しているものであり、またその不動産で誰がどんなことをしたのか記録したものです。

参考 不動産の登録免許税の計算方法イクラちゃんねる

④不動産取得税

不動産を取得した場合には、税金も課税されます。費用は、基本的に「固定資産税評価額×4%」ですが、状況によって軽減税率が適用となり、かからない場合もあります。

参考 不動産取得税の計算方法イクラちゃんねる

⑤火災保険料

購入した家の火災保険への加入は任意ですが、多くの方が加入します(住宅ローンを利用する場合は必須です)。

費用は加入年数や家の大きさ、商品によって異なりますが、マンションなら10万円前後、木造の一戸建ては30万円前後が一般的です。

鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造は燃えにくいため保険料は安く、木造は高くなります。そのため、マンションは安く、一戸建ては高くなりがちです。

⑥住宅ローンを組んで購入する場合にかかる費用

買い替えのとき、住宅ローンを組んで新居を購入する場合は、次の3つの費用がかかります。

印紙税

住宅ローンの借入時の契約書にも、収入印紙を貼付する必要があります。

抵当権設定費用

住宅ローンを借り入れるときには、家に抵当権を設定します。

設定登記は司法書士に依頼するのが一般的で、費用は借入額にもよりますが数万円~10万円ほどです。

抵当権設定登記とは

前述した抵当権抹消登記とは反対に、金融機関が住宅ローンを貸すときに万が一返済が滞ったときの担保として不動産を確保しておくために登記することです。

参考 抵当権設定登記とはイクラちゃんねる

ローン手数料(保証料)

住宅ローンを借り入れるときは、金融機関に手数料を支払います。

費用は「借り入れる金額×〇%」としている金融機関が多く、数十万円になることもあります。

ただ、この費用はローン金利に上乗せして支払うこともできるので、必ずしも契約時にかかるというわけではありません。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

新築住宅の購入にかかる諸費用

一方、買い替え先が新築住宅の場合で、仲介業者が間に入らないケースでは仲介手数料は不要です。

ただし、新築マンションなら数十万円の修繕積立基金が、新築戸建なら水道負担金などが別途かかります。また頭金とは別に「申込金」がかかるケースもあります。

登記費用やローン手数料などは、中古でも新築でもかかる諸費用です。

新築住宅の購入においては、マンション、一戸建て、注文住宅などによってかかる諸費用に幅があります。

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域でおすすめの不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

買い替え・住み替えにかかるその他の諸費用

買い替え時にかかるその他の諸費用は、次の2つが考えられます。

①引越代

引越代は、買い替え時には必ずかかる費用です。引越代の節約のために、あらかじめ不要なものを処分しておくといいでしょう。

不動産引渡しの準備

家の売却前に不要なものを減らしておけば、購入希望者の内見(ないけん:気になるお部屋を見に行くこと)時の印象も良くなり一石二鳥です。

②リフォーム費用

ご主人様
住んでいる家が古すぎてなかなか売れない

このような場合は、リフォーム費用が必要になるケースもあります。

リフォームにかかる費用はケースバイケースですが、売却時の「見た目の良さ」を上げるためには、数万円でできるハウスクリーニングも有効です。

ただし、どんなに劣化や汚れが激しい場合にも、まずは現状のまま不動産会社に相談するべきです。それは「自分でリフォームしたい」という人や、自社でリフォームして再販することを前提とした業者が買主になる可能性もあるからです。

また、リフォームにかけた金額分、売却価格が高くなるわけではありませんので、自己判断するのは絶対にやめておきましょう。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

買い替え・住み替えの諸費用の見積りは不動産会社に依頼する

買い替えにかかる諸費用は、決して安くありません。特に今の家がいくらぐらいで売れるのかということは、新居の予算にも影響する部分ですので、買い替えを依頼する不動産会社に諸費用をきっちりと見積もってもらうのが確実です。

まだ不動産会社に相談しておらず、買い替えを検討中の段階で諸費用がどれぐらいかかるのか詳しく知りたいという人は、「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。

あなたの買い替えスケジュールをお伺いし、いくらぐらいの諸費用がかかるのか、どのように買い替えを進めていくべきかアドバイスがもらえます。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

スマホ一つで、もっと気軽に家を売る相談をしましょう

40代女性(東京都・戸建)
自宅売却にあたりイクラ不動産を目にし、東京と大阪で離れているし最初はスマホで相談なんて大丈夫かな…と思いましたが、 よくある不動産屋さんの査定よりよほど丁寧で親切で、的確なお話をして頂きました。
何より、消費者の立場に立った目線でお話頂けたので、その後の不動産会社選びに大いに参考になりました。
30代男性(大阪府・マンション)
無料にもかかわらず非常に有益な情報を提供して頂きました!
おかげさまで非常に高額な金額でスムーズに自宅を売却することができました。
ありがとうございました!
60代女性(兵庫県・戸建)

一人暮らしの母が高齢になり、家を売却することになり、どうしたらいいのかわからなくて、困ってました!
息子の紹介でスマホの不動産屋さんを知る事ができて、とてもよかったです!

はじめは、スマホ?LINE?とちょっと不安でしたが、売却する家に適した不動産屋をご紹介していただきまして、感謝しております!

はじめは、自動的にお返事が入るのかなぁ?と思っていましたが、そうではなく、丁寧にお返事をしていただいて、とても助かりました!

無事に家も売却の契約ができる事になりました!ありがとうございました!
また、知人に家を売却するかたがいたら、ぜひご紹介したいです!

30代女性(鹿児島県・戸建)
非常にイレギュラーな不動産売却だった為、 仮定の話では誰にもどこにも相談できず、ラインでのやり取りだったらと思い相談してみました。
結果、丁寧に査定価格を出してくださり、そのお陰で売却の手続きに思いきって踏み込むことが出来ました。
そして、短期間高額にて売却できました。
50代女性(宮城県・戸建)
初めはスマホやLINEで大丈夫なのかなとも思ったのですが申し分ありませんでした。
迅速で丁寧なご対応をいただきLINEであっても実に分かりやすくご教示くださいました。
LINEも自動応答などではなく最初から体温の感じられる対応をしていただけます。
なによりもしつこさや強引さがひとつもありません。

利用者、続々! 嬉しい口コミも多数いただいております

一生に一度あるかの家の売却…
相談したいけど、まだ売るか決まっていないのにいきなり不動産屋さんへ相談へ行くのはハードルが高いものです。
匿名でも大丈夫。

来店不要LINEでご相談
お家の相談をはじめる