買い替えの仲介手数料はいくら?値引きはできるの?

2で読める
買い替えの仲介手数料はいくら?値引きはできるの?
奥様
買い替えしたいのだけど、不動産会社への手数料はいくらぐらいかかるのかしら…?
ご主人様
自宅を売って、新たな家を買う分、手数料の値引きはできないのかな?

買い替えにかかる費用の中で、気になるのが不動産会社への仲介手数料です。

こちらでは、買い替えの仲介手数料はいくらなのか、そして値引きはできるのか、わかりやすく説明します。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

仲介手数料の金額

仲介手数料は、売買した金額によって異なり、手数料の上限は法律(宅地建物取引業法)によって定められています。不動産会社では、この上限を仲介手数料としているところがほとんどです。

仲介手数料の上限を以下の表にまとめました。なお売買価格が400万円以下の場合は、売却(売主)と購入(買主)では、仲介手数料が異なります。

仲介手数料の上限は、法律で次のように定められています(別途消費税がかかります)。

売主の上限手数料 売買価格(税込) 買主の上限手数料
18万円 200万円以下 購入金額の5%
201万円〜400万円以下 購入金額の4%
売却金額の3% 401万円以上 購入金額の3%

ここで注意しなければいけないのは、例えば400万円超の取引価額の場合に単純に総額の3%が手数料(税別)となるのではないというところです。

200万円を超えて400万円以下の取引価額の場合は、総額のうち200万円以下の価額分には5%、200万円を超えた分について4%が手数料(税別)となります。

計算例:売買価格が300万円の場合

売主の仲介手数料=18万円(税別)

買主の仲介手数料=(200万円×5%)+(100万円×4%)=14万円(税別)

400万円以上の取引価額の場合は、総額のうち200万円以下の価額分には5%、200万円から400万円の200万円分は4%、400万円を超えた分については3%の手数料(税別)となります。

計算例:売買価格が3000万円の場合

仲介手数料=(200万円×5%)+(200万円×4%)+(2600万円×3%)=96万円(税別)

 

正式に計算するとややこしいですが、400万円を超える物件の仲介手数料は売買価格×3%+6万円(別途消費税)で計算することができます。

計算例:売買価格が3000万円の場合

仲介手数料=3000万円×3%+6万円=96万円(税別)

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域でおすすめの不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

買い替えには仲介手数料が2回かかる?

お家を買い替える時、基本的に「購入」「売却」それぞれに仲介手数料が発生します。

購入をA不動産会社・売却をB不動産会社と別々にしても、購入も売却も同じA不動産会社で行ったとしても、「購入」「売却」それぞれに仲介手数料がかかります。

ご主人様
同じ不動産会社に仲介を頼んだのに、なぜ2回も仲介手数料を払うの?

どうして仲介手数料が2回かかるかというと、購入と売却で取引相手(仲介先)と物件が異なるからです。

不動産の売買には、様々な手続きがありコストや手間が必要です。不動産会社は購入の際には希望に合う物件をみつけ、売却の際には、物件を買いたい人を見つけなければいけません。

また、不動産の情報を正確に伝え、契約の内容に間違いがないかを確認するなど、売買の安全を保つ重要な役割があるのです。

これらの仕事を行っていくためには当然、人件費が必要です。不動産会社は仲介業で収入を得ており、仲介手数料が無ければ経営ができません。

仲介手数料の負担は大きく感じますが、決して不動産会社が不当に請求しているわけではないのです。

しかしながら、仲介手数料がかからないケースも存在します。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

仲介手数料がかからないケース

仲介手数料がかからない場合には、以下のケースがあります。

購入する不動産の売主が不動産会社(宅建業者)

不動産会社が売主となっている不動産を購入する場合、仲介手数料は発生しません

宅建建物取引法では、その物件の取引にかかわる不動産会社がどのように関与しているのか、形態を明示する義務があります。そのため、不動産のチラシや販売広告などには「売主」「媒介」などが記載されています。

「売主」と記載があれば、売主は不動産会社ですので仲介手数料は発生しません。

不動産会社がサービスとして仲介手数料を“無料”にしている

サービスの一環として、不動産会社のなかには仲介手数料を“無料”や“割引”をしている不動産会社も存在します。仲介手数料は、あくまでも上限が決まっているだけなので、仲介手数料を割引するのは、違法ではありません。

仲介手数料を無料にしているケースでは、売主と買主の両方から受け取る仲介手数料を、片方からのみ受け取る場合が多いです。

ただし、無料としていても、細かい条件が設定されていたり、広告費を別途請求されたりすることもあるため、事前に注意しておきましょう。

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域でおすすめの不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

仲介手数料は値引きできるの?

仲介手数料は、基本的に上限額で請求するのが不動産業界の慣習となっています。普通であれば不動産会社に「仲介手数を値引きしてほしい」と頼んでも、値引きはなかなか難しいでしょう。

ただし、不動産会社にもよりますが、買い替えの際に「購入」と「売却」を同じ不動産会社に依頼することで、値引きをしてくれる可能性があります。

また購入も売却も1社の不動産会社に依頼すれば、資金相談や売買のタイミングなどもスムーズに進めやすくなります。

 

家を希望価格で売却して、新たな家を購入することが、買い替えの本来の目的でしょう。

買い替えを成功させるためには、信頼できる不動産会社をみつけることが大切です。その上で、仲介手数料や他のサービスで優遇してもらえるとなお良いですよね。

スマホの不動産屋さん」では複数の不動産会社を比較し、自分にあった会社を選ぶことができます。仲介手数料のお悩みについても、ぜひご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

スマホ一つで、もっと気軽に家を売る相談をしましょう

利用者さん1利用者の声
無料にもかかわらず非常に有益な情報を提供して頂きました! おかげさまで非常に高額な金額でスムーズに自宅を売却することができました。
ありがとうございました!
利用者さん2利用者の声
初めはスマホやLINEで大丈夫なのかなとも思ったのですが申し分ありませんでした。
迅速で丁寧なご対応をいただきLINEであっても実に分かりやすくご教示くださいました。
LINEも自動応答などではなく最初から体温の感じられる対応をしていただけます。
なによりもしつこさや強引さがひとつもありません。
利用者さん3利用者の声
非常にイレギュラーな不動産売却だった為、 仮定の話では誰にもどこにも相談できず、ラインでのやり取りだったらと思い相談してみました。
結果、丁寧に査定価格を出してくださり、そのお陰で売却の手続きに思いきって踏み込むことが出来ました。
そして、短期間高額にて売却できました。
利用者さん4利用者の声
自宅売却にあたりイクラ不動産を目にし、東京と大阪で離れているし最初はスマホで相談なんて大丈夫かな…と思いましたが、 よくある不動産屋さんの査定よりよほど丁寧で親切で、的確なお話をして頂きました。
何より、消費者の立場に立った目線でお話頂けたので、その後の不動産会社選びに大いに参考になりました。

利用者、続々! 嬉しい口コミも多数いただいております

一生に一度あるかの家の売却…
相談したいけど、まだ売るか決まっていないのにいきなり不動産屋さんへ相談へ行くのはハードルが高いものです。
匿名でも大丈夫。

友だち追加で無料相談